マナーとルールを守って
素敵な女子ゴルファーに

 

ゴルフをプレイする上でマナーとルールを守ることは大切なことです。どんなにゴルフが上手い人でもマナーが悪かったりルール違反をしていると一緒にプレーをしても楽しくありません。反対にマナーやルールを守っていればミスが多くても気持ちよくプレーできるので、素敵なゴルファーだと評価されること間違いなしです。

 

でもどうしたらいいのかしら?というと、まずは速やかなプレーを心掛けましょう。ゴルフは自分以外にもプレーヤーがいる団体競技とも言えます。一緒に回るプレーヤーに気を配れば好感を持ってもらえるので気持ちよくプレーできます。そこで最低限知っておいた方がいい9つのマナー&ルールをご紹介しますね。

 

ゴルフのマナーとルール

 

1. 使うクラブは順番が来る前に決めておく
速やかなプレーを心掛けるために、自分の順番が来る前にはしっかりと使用するクラブは決めておきましょう。

 

2. 素振りは1〜2回にしておく
いいショットのために何度も素振りをしたくなる気持ちはわかりますが、ほどほどにしておくことが大切です。

 

3. 速やかにティグラウンドを空ける
ティショットを打ち終わったらボールの確認をしたあとティを拾い、速やかにティグラウンドを空けましょう。

 

4. 次の地点へは走って移動
ティショットがフェアウェイのど真ん中でない限り、次に使いそうなクラブを2〜3本持ってボール地点へ走って移動しましょう。

 

5. レーキは近くに置いておく
バンカーに入る前はあらかじめレーキを近くに置き、打ち終わったあとに砂をならしながら出てくるように心がけましょう。

 

6. グリーンに乗ったらすぐにマーク
マークは必ずしなければいけないというものではありませんが、速やかにマークすれば迷う必要がありません。

 

7. ボールを探せる時間は5分
ルールとしてどこに行ったかわからなくなったボールを探せる時間は5分です。5分経過したら元の位置に戻り打ち直しましょう。

 

8. ラインを読むのに時間をかけないこと
パターを振るのも1〜2度にして、ぐずぐずと時間をかけずにラインは読みましょう。

 

9. ホールアウト後はグリーンをすぐに空ける
次の組が来ることも考えて、全員のパットが終わったら速やかにグリーンを空けましょう。

 

 

いかがですか?
ゴルフは品格を問われるスポーツなのでマナーとルールはしっかり守って、気持ちよくスマートにプレーしたいものですね。

 

 

 

▼ゴルフ関連ページ

 

初心者さんのマストアイテム

 

おすすめレディースゴルフウェアショップ